しみ・しわ改善マッサージ法

血流マッサージのやり方

準備

 

用意するもの: 美容液、五角形のスポンジ

 

*美容液は、さらっとしたタイプのものを用意しましょう。

 

*五角形のスポンジは、眼の輪郭や顔の凹凸にフィットしやすいのでおススメです。
適当な厚みや弾力があり、肌に負担をかけないように、五角形のタイプを使いましょう。
なければ、手持ちのスポンジを5角形にカットして使ってもOKです。

 

(1) スポンジを水に浸してぎゅっと絞ります。

 

(2) ティッシュペーパーでスポンジを抑えて水気を取ります。

 

(3) 手のひらに1円玉くらいの美容液をとります。

 

(4) (2)のスポンジに、手のひらの美容液をしっかり含ませます。

 

(5) スポンジを持ちます。
   スポンジの側面を、親指と中指で持って、人差し指を添えます。
   この持ち方でスポンジを持つと、肌に均等に力をかけることができるので、肌に負担かかりにくくなります。

 

基本のマッサージ法

 

(1) 目じりにスポンジの角を当てて、目じりの下からスタートし目の周りをぐるりと一周させ、耳の下まで滑らせます。
   視線を上に向けて行いましょう。

 

(2) 頬の最も高いところからスタートし、耳の下を通って顎先まで、
   ほうれい線をぐるりと回りこむようにスポンジを滑らせます。

 

(3) (1)と(2)を、左右それぞれ数回繰り返します。
   眼の周りをマッサージする時に、片手だけでマッサージをすると皮膚がよれてしまいます。
   するとシワになりやすいので、必ず片方の手で目じりの皮膚を斜めに引き上げ、
   眼の下の皮膚がたるまないように注意して行うようにします。

 

ほうれい線

 

小鼻の両わきから口角にかけてできるのがほうれい線です。
頬がたるむと、ほうれい線がくっきりしてきてしまいます。

 

頬の一番高いところからスタートして、
ほうれい線をぐるりと回り込むようにスポンジを滑らせマッサージします。

 

スポンジの面全体に、均等に力を加えましょう。

 

眼の下の老けライン

 

眼の下から頬にかけてできる斜め下向きの線が、眼の下の老けラインです。
ほうれい線と同じように、頬のたるみが原因になっています。

 

老けラインを下から上になぞるようにスポンジを動かし、
目の周りをぐるっと回します。
片手だけでマッサージをすると皮膚がよれてしまい、シワになりやすいので、
必ず片方の手で目じりの皮膚を斜めに引き上げ、
眼の下の皮膚がたるまないように注意して行うようにします。

 

目じりの小じわ

 

からすの足あととも言われ、老け顔に見える大きな原因となるのが目じりの小じわです。
眼の周囲にふっくらしたハリを出すと、薄くなっていきます。

 

目じりのしわを横断するように、
上から下へとスポンジを動かしていきます。
片手だけでマッサージをすると皮膚がよれてしまい、シワになりやすいので、
必ず片方の手で目じりの皮膚を斜めに引き上げ、
眼の下の皮膚がたるまないように注意して行うようにします。
また、目の周りの皮膚は薄くて乾燥しやすいです。
マッサージ後は、アイクリームなどで保湿をしましょう。