しみ・しわ改善マッサージ法

スプーンパッティング

スプーンパッティングで、毛穴を活性化しましょう!

 

年齢と共に、毛穴が気になるという人が多いと思います。
毛穴は肌にあって当然のものですが、
私たちが暮らす現代の環境は、毛穴が開きやすい環境にあります。

 

毛穴は、自分で開いたり閉じたりする機能が備わっているのですが、
エアコンなどの普及によって、夏でも冬でも快適な温度の中に暮らしている現代人は、
毛穴を開閉させる機会が減っていて、毛穴の機能が衰えてしまっているのです。

 

そこで、スプーンパッティングをしてみませんか?

 

スプーンパッティングでは、冷やしたスプーンの冷たさによって毛穴が引き締まり、
叩くことによって肌の毛細血管が勢いよく動き出すようになり、
酸素や栄養たっぷりの血液が流れ込みます。
すると、停滞していた老廃物が運び去られ、栄養や酸素が送られてきますから。
シミやくすみを改善することができるようになります。
普段使わない顔の筋肉にも刺激が波及し、
フェイスラインや頬のたるみが引きあがる効果も期待できるのです。

 

肌を叩く刺激法は、エステサロンなどでも取り入れられています。
ですが、一般人がまねをしようとすると爪で肌に傷をつけてしまったり、
無理にこすって肌に負担がかかってしまい、
かえってくすみやシミの原因を作ってしまうことにもなりかねません。

 

ですから、程よいカーブと重さのスプーンを使ってパッティングを行うのです。
スプーンで行えば、適度な刺激を与えることができますよ。
むくみを感じるような時に、試してみましょう。

スプーンパッティングのやり方

(1) 氷水を入れたコップにスプーンをつけて、スプーンをよく冷やします。

 

(2) スプーンの背の丸くカーブしたほうを利用します。

 

(3) スプーン柄の端を持って、手首のスナップを利かせて軽くたたきます。

 

たるみをとるとき

 

たるみを取りたい時には、洗顔後、冷やしたスプーンで、
頬骨の下の柔らかい部分をパタパタと叩きます。
ほんわり温かくなってくるまでパッティングしましょう。

 

毛穴の開きを改善したいとき

 

頬骨を叩くと痛みを感じます。
ですから、冷やしたスプーンで、ぺたぺたと頬に押し当てるようにします。
加える力は、極わずかです。

 

リンパを流したい時

 

顎の先からスタートし、フェイスラインに沿って
耳の下のリンパ節までスプーンをクイクイと押し当てるようにします。